2015年12月19日

Alle Jahre wieder(アレ・ヤーレ・ヴィーダー)

アドヴェントに入ってから早いもので、もうクリスマス直前です。

ドイツのニュースはなお難民問題が中心ですがアドヴェントの話題も入ってきます。

日本の教会のクリスマスは12月20日。24日には夕礼拝がもたれる教会も多いと思います。

そうこうしているうちに年がかわります。ヤーレスヴェクセルです。

2016年はどんな年になるでしょうか?プレ・ルター年でもありますね!




posted by かたつむり at 21:42| アドヴェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

スキー・ジャンプのことなど

『教会の』暦から少々離れてしまいますが、年末年始スポーツ中継の楽しみは
Vierschanzentournee(フィアシャンツェントゥルネー 4ジャンプ台ツアー)でした。
スキー・ジャンプ競技のワールドカップのうち、

日本でもジャンプ週間と呼ばれる今年の競技は

28.12.2014 Oberstdorf        12月28日 オーベルストドルフ
01.01.2015 Garmisch-Partenkirchen   1月 1日ガルミッシュ−パルテンキルヘン
04.01.2015 Innsbruck         1月 4日 インスブルック
06.01.2015 Bischofshofen       1月 6日 ビショッフホーフェン

の4つのジャンプ台競技で競われました。葛西紀明は総合で4位、ワールドカップも1月9日現在9位、頑張って欲しいです。
posted by かたつむり at 22:26| Jahreswechsel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

Jahreswechsel auf Radio(ラジオで聞くドイツのヤーレス・ヴェクセル)

すごい時代になったものです。ドイツのヤーレス・ヴェクセル、つまり日本時間1月1日午前8時頃、ドイツで放送されているラジオを生で聞くことができるのです。車を運転しながら聞いていたのですが次のような具合です。

YMCA(ヴィレッジ・ピープル)
ファイナル・カウントダウン(ヨーロッパ)

そしてカウントダウン、花火の音などが入り

美しき青きドナウ(ヨハン・シュトラウス)

という感じの放送でした。何十年もかわらないようです。

あらためて気になったのは、ファイナル・カウントダウンはあまりにベタ過ぎで良いとして、
なぜYMCAがかかるのか?ちなみにドイツではYMCA自体がCVJM(Christlicher Verein Junger Menschen)と呼ばれます。略称までかえてしまうのがさすがドイツです。

美しき青きドナウは絶対欠けることがないようです。

それではみなさん

アイネン・グーテン・ルッチュ・インス・ノイエ・ヤール(Einen guten Rutsch ins neue Jahr!)!
posted by かたつむり at 00:08| Jahreswechsel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

Jahreswechsel 3

でも私にはこの季節しばしば報道されていた、バイエルンのずっと南の町、ベルヒテスガーデンの、
いわばバイエルンの国境警備隊が行う行事です。

クリスマスからもうはじめて、年度替わりにも空砲を打つことをするのです。そこには邪気払いのような意味もあるようです。



そばで聞いたことがありますが、それこそすごい音なのです。
posted by かたつむり at 18:02| Jahreswechsel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jahreswechsel 2



これはオーストリアの映像ですが、ドイツのヤーレス・ヴェクセルの印象もこんな感じです。テレビもラジオもといったところです。これは日本でも放送されるニューイヤーコンサートにも入っているような映像です。

下はずいぶん古いZDF(ドイツ2チャンネル)の映像です。何十年も変わりないことがよくわかります。
posted by かたつむり at 17:55| Jahreswechsel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

ヤーレス・ヴェクセル Jahreswechsel(ドイツの大晦日)

大晦日

……日本の大晦日は……
もしかしたら遅い大掃除、お正月の準備、年越しそば、除夜の鐘、そして初詣となるのでしょうか……

ドイツではヤーレス・ヴェクセル(Jahreswechsel)……年の替わりという言葉が使われます。
その言葉はもしかしたら、比較的幅広く、年度末から年初まで使われるようなのに対して、

年の終わりのその日はズィルヴェスター(Silvester)とも呼ばれます。
それは言うまでもなく人の名前で、12月31日がローマ・カトリック教会の教皇ズィルヴェスター一世の日になっているからです。

ドイツの12月31日と言えば、私には次のような光景が目に浮かびます。
ニュルンベルク大晦日.jpg

その近郊に住んでいましたドイツ・バイエルン州のニュルンベルクの町の1月1日0時の写真だと思われます。今なお残されているカイザーブルク(皇帝居城)を煌々と照らすたくさんの花火なのです。

おそらくたくさんの町が、こういう状態だと思います。大きな打ち上げ花火も用意されるでしょう。
インターネットでも聞けますから、ドイツのその時間のラジオを聞くのも楽しいと思います。

カウントダウンが行われ、ヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」が流されるのが伝統なのです。
それはまた日本でも放映されますウィーンのニューイヤーコンサートにも反映されているようです(逆かな?)。

大都市ばかりではありません。小さな町々、村々でも同じです。年末はロケット花火が飛ぶように売れ、カウントダウンが終わると、皆で打ち上げるのです。かつて大統領が無駄遣いだから自粛するように声明を出しましたが無駄だったようです。

その花火とはわたしたちの知っているロケット花火とはずいぶん違います。と言うか、米国の古いアニメで知っているようなあれなのです。
ロケット花火.jpg

町中で打ち上げられ、夜空にヒューンというあの音が絶え間なく響き渡ります。朝、雪景色の庭にささっているのを見て驚いたほどです。

ある年末の、町の記念の年でしたので、町も大きな花火を打ち上げて、響き渡る教会の鐘の音とともに、たいへん幻想的であったのは良い思い出です。





posted by かたつむり at 19:01| Jahreswechsel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

alle Jahre wieder 毎年々々

アドヴェントの季節です。
ドイツでは、
バイエルン州ニュルンベルククリスマス市開会のニュースがまたもたらされています。

教会や町々に飾られるクリッペの美しさ。

クリスマスのズュースィヒカイテン(お菓子)。プレッツヒェン(クッキー)クーヘン(ケーキ)もたくさん店先にならべられていることでしょう。


Alle Jahre wieder     毎年々々
kommt das Christuskind  御子キリストはおいでになる
auf die Erde nieder,    地上へと降って
wo wir Menschen sind.   わたしたち人間のもとへと





posted by かたつむり at 16:00| アドヴェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

Reformation Was ist das?!

宗教改革 何だっけ?!

ReformationWasistdas.jpg

ルターの宗教改革。ドイツではじまったのに10月終わりの宗教改革の認知度は、上のひとこままんがのように下がっているようなのです。町もデパートもハロウィーンの飾り付けがあふれています。だからこそ下のようなキャンペーンも…
halloween.jpg

lutherbonbon.jpg

そしてルター・ボンボン(キャンデー)。10月31日は宗教改革記念日です。福音主義教会の甘いびっくり、と記されています。


posted by かたつむり at 21:47| 宗教改革記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッテンベルクの城教会 3

thesentur.jpg

ヴィッテンベルクの城教会の扉です。ルターのテーゼが彫刻され、キリストの十字架の両側にルターとメランヒトンが描かれています。

95thesen3.jpg

ルターの95箇条の提題は印刷技術とあいまってすぐに広まったのです。
posted by かたつむり at 21:35| 宗教改革記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッテンベルクの城教会 2

schlosskirche-wittenberg.jpg

ヴィッテンベルクの城教会は特徴的な大きな塔を持っています。塔に刻まれている文字は「主はわがやぐら」、夕べには、そのメロディーが奏でられるのです。

そして教会の中には宗教改革者マルティン・ルターとその助け手フィリップ・メランヒトンのひつぎが安置されています。

luthergrab.jpg

ある方にヴィッテンベルクのユースホステル泊と伝えると、ルターと同じ屋根の下だねと言われた意味がわかったのです。
posted by かたつむり at 21:29| 宗教改革記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。